DIARY

〜 日々の喜怒哀楽をつづった日記帳 〜

立ち上がれカエラー 2009年12月06日(日)

  46,320 byte

隠れカエラー、自称カエラー、世間には様々なカエラーがいます。貴方の身の周りにもカエルグッズを愛して止まない人々が必ずいます。そんな貴方に新イエちゃん2号をお披露目します。鼻は擦り剥けていますがまだまだ若く、僕よりも長生きしそうです。”君は生き残る事が出来るか?”
 

行ってみたい 2009年12月05日(土)

  43,360 byte

今日は仕事で朝トレが出来ませんでしたが、刹那な私に励ましメールが届き、頑張らねばとお昼休みに脚トレをガンガンやりました。おかげで脚はパンパンです。あぁ!レインフォレストカフェに行って見たい!チャチャを見てみたい。チャチャに会いたい。
 

だらだら生きる 2009年12月04日(金)

  最近の私は流れて生きています。当面の目標や生き甲斐があるでもなく、ただ一週間が何回も繰り返されるだけでこのままではいけないと思いつつ、何も無いので一週間がまた過ぎて行く。私の週のスタートが水曜日であるのも一週間が早く感じる原因で、気がつけば世間は週末になっています。あぁ明日はもう週末。ハナキン・スカイウォーカー!  

Like Americandog 2009年12月03日(木)

  元町勤務の朝、マックグリドルを食べる事が週間づいて来ましたが、あれを食べるといつも思い出すのが、昭和40年代の頃、プールサイドやビーチサイドで売っていたアメリカンドックです。ホットケーキの甘い生地とソーセージの味のコラボレーションの風変わりな食べ物がアメリカンの名前と共に登場し、当時はプールに行かなければ食べられないと言う、子供にとっては特別な食べ物でした。マックグリドルのソーセージから漂う香りはまさに当時のそれを彷彿とさせるものであります。・・・そう感じているのは私だけであろうか?  

壁画の記憶 2009年12月02日(水)

  30,851 byte

今日はひかる君を甲子園の鳴尾浜公園に連れて行きました。途中、僕が幼少の頃から16才まで過ごした浜甲子園団地の108号棟に寄ってみたところ、子供の頃に書いた落書きがそのまま残っていました。まるでタイムスリップをしたかのようで、旧家には今は誰も入居者はおらず、少年の日の記憶がよみがえりました。ここで見たり感じたりしていた頃は、心の痛みも今ほど知らず、僕はここからもう一度スタートするのだ・・・と。
 

長い一日 2009年12月01日(火)

  29,177 byte

今日は朝8時からバイクで走りに行き、帰ってから家族でカラオケに行き、夜は舘君とミーティングで家に帰ったら翌朝3時30分と言う過酷な一日でした。折角の休みの日。有効に使わないとね。写真のイエちゃんは新しい子の方で、色は黄色っぽく、まだ小さいので、愛嬌のある表情になっていませんがこれからです。鼻の擦り剥けた子がもう一匹いるんだよ。
 

今週もクリア 2009年11月30日(月)

  今日は背中のトレーニングをダブルスプリットで行いました。ダブルスプリットにするとラット系の種目とロウイング系の種目とそれぞれの強度が上がりいいような気がします。ラットもロウも基本的には同じ広背筋ですが主力になる筋繊維の方向が異なるためアウトライン優先と厚み優先に別れている種目です。どちらも最大限に強度を掛けるには良い選択かもしれません。今週も何とかクリアしました。さぁ明日で11月も終わり師匠も走る”師走”です。朝から走りに行って来よっと。  

上段じゃない。 2009年11月29日(日)

  僕の自転車はマウンテンバイクタイプでバーハンドルなのですが、駅の駐輪場ではこのタイプの自転車は立体駐輪機の上段になるらしく(下段だとハンドルが隣のハンドルに干渉して止めづらいらしい)毎回上段に上げさせられます。全力で駅まで漕いで来るので朝から余分な力は使いたくないのですが、こんな身体しているのに駐輪場のじいさん達に力仕事はさせられません。仕方なく片手で軽々と自転車を持ち上げて見せてレールの上に乗せて見せます。しかし心の中では朝っぱらから冗談(上段)じゃないと叫ぶのでした。・・・・お後がよろしいようで。  

大将・マスター・師匠 2009年11月28日(土)

  22才の頃、周りの人は私の事を”大将”と呼んでいました。先頃までは”マスター”と呼ぶ人もありました。最近はいろんな人から”師匠”と呼ばれる事が多くなりました。勿論自ら呼んでくれる様に頼んだわけではありませんので何かがそう呼ばせるのでしょうが、これはいい事なのか、おこがましい事なのかわかりません。次に呼ばれるのは何でしょうか?”老師”かな・・・。明日は師匠の肩トレです!  

腕の日 2009年11月27日(金)

  最近三頭筋のトレーニングは調子が良く、重量もうまくこなしています。しかし腕と言うものはなかなか太くならず、太い腕にはほど遠い私です。太くなぁれ俺の腕〜。明日は太くなぁれ俺の脚。  


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -