DIARY

〜 日々の喜怒哀楽をつづった日記帳 〜

半額に魅せられて 2011年11月18日(金)

  47,222 byte

最近の木曜日は新神戸のピーコックで菓子パンを買って昼ご飯にする事が多くなって来ました。と、言うのも菓子パンが賞味期限当日のものは半額なのです。タンパク質の補填に鶏カラを加えても556円也!お得です!今日も三頭をしっかり行い、明日は披露宴の会場でバットマンいやファットマン参上!
 

最近のタイヤって 2011年11月17日(木)

  50,410 byte

昨日のタイヤ交換の続きですが、これまでオートバイ用のタイヤの溝は回転方向に対して内側から外側に流れる様に彫られているのが常識でした。ハイドロプレーニング現象などの水の膜を作らない様に排水路を作り外側へリリースさせるためでした。ですからタイヤのパターンを後ろから見ればカタカナの「ハ」の字に、前から見れば「ソ」の字になるので一目瞭然でしたが、最近のフロントタイヤはこれでいいそうです。いったい今までのお話はどうなったんでしょう!。しかし最近なかなか疲労の回復が出来ない。
 

なんでこうなるの? 2011年11月16日(水)

  49,960 byte

今日は先週注文したバイクのタイヤを交換に行きました。後30メートルで到着のところで白黒パンダに止められてしまいました。何の事か解らぬ私は素直に止まり話を聞いてみると、私が機嫌良く左折した吉野の交差点は三方向が別々の矢印式信号であり、左折した時矢印は直進指示だったそうな。交通の流れと交差点名と歩行者等の有無しか気を配らなかったボーっとしていた私の過ち。青切符と7000円だって。高いタイヤになっちまったぜ。家に帰った私を待っていたのはひかる君のオモリのお仕事だった。今日も恐竜の続きは出来ないまま。カラスの様に真っ黒い作品を見つめるのであった。
 

初体験 2011年11月15日(火)

  40,914 byte

僕が子供の頃、親父のスーパーカブの後ろに乗せてもらった事があるそうだが、ほとんど記憶にはない。初めてバイクに乗ったリアルな記憶は15才の時となりに住んでいたタッチャンのモンキーを公園で運転させてもらった記憶だ。今日ひかる君を初めてスクーターに乗せてあげました。興奮してもっともっとと言うのでついつい高台までツーリングして夜景を見せてあげました。家に帰った僕は久しぶりに恐竜制作。
 

一人で夜中に 2011年11月14日(月)

  50,503 byte

誕生日の夜は昔のおもちゃを引っ張り出してあそんでみたりしました。伝説巨人イデオン!合体変形の手順が複雑過ぎて憶えていませんが、さすがに箱を出してまではする気がせず、ソルアンバー、ソルコンバー、ソルバニアまでとしました。トミカハイパーレスキューかと思ってしまうデザインです。さぁ夜も更けたし寝ようかな。
 

ささやかなパーティー 2011年11月13日(日)

  40,873 byte

今日13日で49才になりました。横田君とアウトバックでささやかなパーティーをしました。店員さんに申告すると、アイスクリームと記念写真とバースディソングのプレゼントをくれました。最後の40代。見てろよ!ザクめ!僕が一番ガンダムをうまく使えるんだ!
 

高槻に来てください。 2011年11月12日(土)

  35,388 byte

最近金曜日の楽しみは家に帰って「探偵ナイトスクープ」を観て、そのあとの「11人もいる」にハマっています。ですから金曜日は韓国ドラマは観ずにテレビを観る事にしています。んで、今日は高槻店でした。高槻店の仕事はまだまだゆったりと時間が流れる程です。金曜日は高槻店にいてますからお時間のある方は遊びに来て下さいね。おっと来週はデブデブスーパーバットマンをしなきゃいけないので、お休みですけどね。
 

ペプシピンクは初恋の味 2011年11月11日(金)

  38,095 byte

今日は新神戸でした。今日から三頭の使用重量を130ポンドに昇格しました。当然フォームは崩れ、恐怖感は増しますが、しばらくすれば安定するでしょう。そして、新発売のペプシピンクを試飲。ストロベリーミルク味だそうですが、その味はどこか懐かしい初めてのデートの時に感じた甘い女性の様なフレーバーです。ペプシピンクを一口含んでそっと目を閉じて、まぶたに浮かぶ懐かしい日々。
 

アームレスリングは恐い 2011年11月10日(木)

  46,245 byte

今日、アームレスリングをして、左の肩関節を痛めた人に会いました。その人はもともとレフトハンドだったのですが、痛めてからライトハンドに切り替えて、今では右腕の方が左より遥かに太くなっていました。その差から痛めてから長い年月が経過している事を悟りました。僕も昔はアームストロング浩だったのですが、一度怪我をするとトレーニングが全く出来なくなってしまうので危険なアームはやめて、観賞用筋肉育成職人になりました。
 

タイヤ職人 2011年11月09日(水)

  48,263 byte

6年ぶりであろうか、バイクのタイヤを交換しに行くのは。以前は毎日の足として使っていたので、長くても2年に一度は交換しに行ったものだがここのところめっきり乗らなくなってしまい、前回交換したのが前の会社の時としか記憶に無いくらい月日が流れていた。大阪の福島区の吉野の交差点を左に曲がって、信号をさらに左折した所に・・・・三木商店ってのがあったはず・・・。マンションに変わっている!!そりゃそうだな、今の時代6年も訪れなきゃ店が無くなっているなんてことはよくある事だ・・・しかし念のためにあたりを廻ってみよう。6年前の記憶だ、いかに優秀な私の記憶力といえども勘違いってものもある。信号・・2つ目なら・・・・三木商店・・・。あるではないか!!・・昔のままだ。この店はバイクのタイヤしか扱っていない珍しいタイヤ専門店である。バイクを降りて押しながら店の入り口に近づいていくと店員さんから「久しぶりですね」と声をかけられた。「よく憶えてはりましたね」と驚いて言うと「そんな身体とBIG-1の組み合わせはそうはいませんよ」嬉しいかぎりである。しかし服の上から体格を読み取られるとは俺も大したものだぜ。程なくすると奥から主人が出て来た。このHONDA”CB1000SF"通称BIG-1のタイヤは今では珍しい18インチのサイズだ。すぐには無いと思っていたがやはり注文になるらしい。主人が今回注文するフロントタイヤと今装着されているリアタイヤの相性を語ってくれた。いやはや何にでもプロの職人はいるものである。私も若い頃バイクを扱う店で働いていたがこの主人はこの道一筋何十年であろうか、脱帽である。タイヤは明日には入ってくるそうだが私のスケジュールが来週まで空かないので一週間後の約束をして店を後にした。今日の写真は出来事とは何の関係もない先日の韓国みやげの”パチもんのきのこの山”である。チョコ部とスナック部の結合がパチもん(まがいもの)の証し。乱暴にすべて斜めインです。
 


- Web Diary UpVersion ver 1.30 -